JBA

JBA



試合日程・結果

女子準々決勝トヨタ紡織 サンシャインラビッツ vs デンソー アイリス

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー 橋本 信雄
試合区分 女子準々決勝 主審 平 育雄
開催期日 2015年01月04日 副審 福岡 敏徳、小島 慶子
開始時間/終了時間 14:01 / 15:30

ゲームレポート

トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
59 21 1st 15 63 デンソー アイリス
8 2nd 14
16 3rd 21
14 4th 13

WJBL7位トヨタ紡織サンシャインラビッツとWJBL2位デンソーアイリスの一戦。前半デンソーは、ディフェンスから積極的に仕掛け、流れを引き寄せると#8髙田(真)のインサイド、#31高田(汐)の3Pシュートを中心にスコアを伸ばす。対するトヨタ紡織は、序盤#9野町、#21渡邊を中心に攻め、順調の立ち上がりとなるものの、終盤相手のディフェンスを攻められず失速する。後半デンソーは、#8髙田(真)、#41伊藤の活躍で、得点を量産する。一方トヨタ紡織は、#33長部、#11吉田が果敢に攻め、追い上げを見せるも無念のタイムアップ。59-63とデンソーが勝利し、準決勝へと駒を進めた。

第1ピリオド、立ち上がり一進一退の攻防となる。デンソーは、#8髙田(真)を中心にインサイドで得点を重ねる。一方トヨタ紡織は、スクリーンプレイで#21渡邊が3Pシュート、#13畠中のインサイドと内外でスコアを伸ばす。中盤デンソーのミスが目立つと、その隙にトヨタ紡織が#9野町、#21渡邊の3Pシュートでリードを奪う。21-15とトヨタ紡織リードで、第1ピリオド終了。

第2ピリオド、トヨタ紡織は第1ピリオド終盤の勢いをそのままに、#9野町、#33長部、#21渡邊と3連続得点と順調にスコアを伸ばす。一方のデンソーは、開始3分半無得点と苦しむも、タイムアウト後の堅守から息を吹き返す。#8髙田(真)のインサイドプレイを皮切りに、#31高田(汐)、#11吉田の3Pシュートと4連続得点で追いつく。29-29と同点で、勝負の行方は後半戦へ。

第3ピリオド、デンソーは、#8髙田がこのピリオド12得点の活躍で勢いづく。一方トヨタ紡織は、#33長部、#21渡邊で得点を挙げるも相手のポイントゲッターを抑えることができず、苦しくなる。45-50とトヨタ紡織5点ビハインドで最終ピリオドへ。

第4ピリオド、デンソーは#41伊藤が要所で得点し、相手に流れを渡さない。トヨタ紡織は、#11川原の積極的な攻撃を起点に、ディフェンスから相手のミスを誘い追い上げを見せると、残り44秒には2点差まで詰め寄る。しかしデンソー2点リードで迎えた残り27秒、#13伊集がドライブから試合を決定づける得点を奪い63-59、4点のリードとなる。窮地に追い込まれたトヨタ紡織は、シュートを狙うも相手の激しいディフェンスを前に打てず、タイムアップ。63-59とデンソーが接戦を制した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら