JBA

JBA



試合日程・結果

女子3回戦アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス vs 富士通 レッドウェーブ

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OB コミッショナー
試合区分 女子3回戦 主審 山崎 人志
開催期日 2015年01月03日 副審 中嶽 希美子、小島 慶子
開始時間/終了時間 18:01 / 19:36

ゲームレポート

アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
57 21 1st 33 92 富士通 レッドウェーブ
7 2nd 14
18 3rd 17
11 4th 28

WJBL9位のアイシン・エィ・ダブリュ ウィングスとWJBL4位の富士通 レッドウェーブの一戦。開始早々、富士通は#0長岡が華麗に3Pシュートを沈めると、連続10得点を挙げ、一気に流れを引き寄せる。対するアイシンAWは、序盤こそ出遅れるものの、徐々に調子を取り戻し、食らいつく。47-28で迎えた後半、主導権を握る富士通が、中は#12篠原、外は#10町田と絶え間なくゴールを攻め、相手を寄せつけない。アイシンAWはルーキー#1馬瓜が攻守ともに奮闘しチームを鼓舞するも、相手の攻撃を阻めず点差は離れていく。92-56、富士通が快勝し、ベスト8進出を決めた。

第1ピリオド、立ち上がり、富士通は#0長岡が開始3分で2本の3Pシュートを沈め、流れを一気に掌握する。対するアイシンAWは、#0佐藤が積極的にシュートを放つものの単発なものに終わり、開始5分間で僅か4点と劣勢に追いやられる。しかし中盤、#9高崎、#11諏訪がドライブ、ジャンプシュートなど多彩な攻撃で得点を挙げ、食らいついていく。その間、富士通は#15山本が早くもこのピリオド3本目の3Pシュートを決めると、その後#0長岡がゴール下のシュートを決め、33-21。富士通がリードして第1ピリオド終了。

第2ピリオド、出だし、アイシンAWは#6田中が3Pシュートを沈めるが、相手の猛攻を止めきれず、点差が離れていく。対する富士通は、#10町田が正確なパスで得点を演出すると、その後、#15山本のこの試合4本目の3Pシュートを皮切りに、連続10得点を挙げ、点差を一時21点まで広げる。47-28、富士通がリードを保ち、第2ピリオド終了。

第3ピリオド、富士通は#12篠原がペンイントエリア内に攻め込み得点を挙げると、さらに点差を広げていく。対するアイシンアAWは、速い展開でシュートを放ち攻撃回数を増やしていく。すると残り1分、#6田中のバスケットカウント、#5瀧井の3Pシュート、#1馬瓜のバスケットカウントと連続9得点を挙げ、最大27点あった点差を18点にまで縮める。64-46、富士通リードのまま第3ピリオド終了。

第4ピリオド、富士通はリザーブメンバーを起用する余裕を見せるも、勢いは変わらない。追い上げたいアイシンAWは、#1馬瓜が果敢にゴールへ攻めてシュートをねじ込み、チームを鼓舞する。だが中盤からファウルが重なり、早い段階でチームファウルは5つに。すると富士通にフリースローを与えてしまい、点差は縮まらずタイムアップ。92-57、富士通が終始リードを保ち勝利した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら