JBA

JBA



試合日程・結果

女子3回戦筑波大学 vs デンソー アイリス

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OB コミッショナー
試合区分 女子3回戦 主審 吉田 憲生
開催期日 2015年01月03日 副審 渡邊 諭 、小野寺 浩
開始時間/終了時間 14:00 / 15:28

ゲームレポート

筑波大学
55 9 1st 23 99 デンソー アイリス
9 2nd 20
21 3rd 30
16 4th 26

大学7位の筑波大学とWJBL2位のデンソー アイリスとの3回戦。デンソーは#8髙田(真)のインサイドプレイでペースを掴むと、その後も早いパス回しからスペースを作り、確実に得点をして大量リードを得る。筑波大も出だしこそ遅れをとったが、#5川村、#16松本が1on1で得点を挙げ、中盤から互角の戦いをみせる。しかしデンソーに許したリードは大きく、最後まで粘りを見せたが、デンソーは焦ることなく#20阿部、#11吉田がしっかりと決め切り、99-55と危なげなく勝利した。

第1ピリオド、デンソーは#8髙田(真)を中心にボールを展開して加点するのに対し、筑波大はアウトサイド陣が外角のシュートを決め応戦する。中盤から、デンソーがじわじわと#8髙田(真)、#41伊藤の1on1で点差を広げると、ディフェンスでも相手にチャンスを与えず得点を許さない。23-9、デンソーが大きくリードし、第2ピリオドへ。

第2ピリオド、デンソーはペース落とすことなく、切り替えの早い攻撃から#13伊集、#31高田(汐)が得点を重ねる。何とか追いつきたい筑波大は、1年生ルーキー#16松本、#18吉成の得点を挙げ、チームを鼓舞するが後に続かず、苦しい体勢でのシュートとなり、追い上げきれない。その間にデンソーは、パス回しから順調にスコアを伸ばし、43-18。デンソーのリードは変わらず、前半終了。

第3ピリオド、デンソーは#8髙田(真)、#9牛田のインサイドプレイでさらに点差を広げる。筑波大はミスが目立ち出遅れるが、#5川村、#16松本の1on1で得点を重ね、さらに激しいプレッシャーディフェンスが効果を示し、オフェンスのリズムへと繋げる。負けじとデンソーも要所で#3園田、#20阿部がシュート高確率で沈め、73-38。デンソーがリードのまま、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、デンソーは#20阿部、#11吉田が立て続けにゴールを決め、さらに突き放す。筑波大は最後まで#6川村、#9藤岡がドライブを仕掛けるも開いた点差は大きく、タイムアップ。99-55、デンソーがベスト8進出を決めた。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら