JBA

JBA



試合日程・結果

女子3回戦早稲田大学 vs 新潟アルビレックスBBラビッツ

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OB コミッショナー
試合区分 女子3回戦 主審 渡邊 整
開催期日 2015年01月03日 副審 大庭 英裕、堀内 純
開始時間/終了時間 12:01 / 13:36

ゲームレポート

早稲田大学
52 8 1st 18 66 新潟アルビレックスBBラビッツ
10 2nd 13
23 3rd 13
11 4th 22

大学1位の早稲田大学とWJBL8位の新潟アルビレックスBBラビッツとの3回戦。開始早々は均衡したゲーム展開だったが、新潟がスクリーンプレイやスピーディな攻撃から得点に繋げ、リードする。一方の早稲田大はシュートがリングに嫌われ乗り切れないが、後半開始直後に連続11得点を挙げ、追い上げに成功。負けられない新潟は、要所で♯34出岐が得点を挙げ、リードは許さない。対する早稲田大も最後まで、#11根岸、#22田村が果敢にリングに攻め込み、一時は1点差まで持ち込む。しかし、新潟が最終ピリオドに合計5本の3Pシュートを沈め、追撃する相手を黙らせた。66-52、新潟が順当に勝ち進み、準々決勝へと駒を進めた。

第1ピリオド出だし、両チームともにミスが目立ち、浮足立った試合となる。新潟はスクリーンプレイを多用し、#7星のドライブを中心に得点していく。その後も、#21君山のバスケットボールカウントから連続得点により一歩リードする。対する早稲田大はパスワークから#25桂のターンシュートが立て続けに決まり応戦するも、シュートがリングに嫌われ後が続かない。新潟が18-8とペースをつかみ、第1ピリオド終了。

第2ピリオド、新潟はアグレッシブな攻撃で相手を翻弄し、#34出岐を起点に順調に加点する。一方の早稲田大は、追い上げようと外角のシュートを中心に組み立てるも、5分間無得点と苦戦。中盤はディフェンスからリズムを掴み、#11根岸、#22田村を中心に得点するも、終盤は新潟の攻撃を抑えきれず。31-18、新潟のリードは変わらず、前半戦を折り返す。

第3ピリオド、早稲田大は、堅実な守りから流れに乗ると、#11根岸、#15本橋、#25桂の活躍で一気に11得点を挙げ、開始3分で1点差に詰め寄。逆に中盤からは、新潟もペースを取り戻し、#53近藤、#7星のドライブによりフリースローを獲得し、リードを許さない。終盤まで取ったら取り返すゲーム展開となり、44-41と新潟のリードは変わらず、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、序盤は1点差の均衡状態となったが、中盤に新潟が2本の3Pシュートを沈め、9点差と引き離す。食らいつきたい早稲田大は、ドライブを中心に得点をするも、さらに新潟が3本の3Pシュートをねじ込み、勝負あり。最後まで早稲田大は粘りを見せるも相手の激しい守りを前に攻めあぐね、試合終了。66-52、新潟が詰め寄る相手を振り切り、ベスト8に進出した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら