JBA

JBA



試合日程・結果

女子2回戦愛知学泉大学 vs 白鷗大学

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OA コミッショナー
試合区分 女子2回戦 主審 小野寺 浩
開催期日 2015年01月02日 副審 小島 慶子
開始時間/終了時間 13:40 / 15:09

ゲームレポート

愛知学泉大学
63 21 1st 16 67 白鷗大学
12 2nd 11
12 3rd 27
18 4th 13

東海地区代表の愛知学泉大学と大学2位の白鴎大学の学生対決。前半戦は大きく流れが傾くことなく、ゲームが進む。試合が動いたのは後半。愛知学泉大のシュートの確率が落ち始めた隙を見逃さなかった白鴎大は、#13馬がインサイドで確実に点数を稼ぐと、第3ピリオド残り6分32秒には#4鶴見がショットを沈め、逆転に成功する。このまま白鴎大ペースかと思われたが、第4ピリオド中盤から愛知学泉大の怒涛の反撃で、残り1分には、63-62と逆転。しかし最後、愛知学泉大はチャンスをものにできず、再び白鴎大に逆転を許し、惜しくもタイムアップ。67-63、白鴎大が大学2位の意地を見せ、接戦を勝利した。

第1ピリオド終始、入れたら入れ返すといった激しい試合が展開される。白鴎大はアウトサイドとインサイドがバランスよく得点し、点数を伸ばす。対する愛知学泉大は、ディフェンスリバウンドからスピーディーなオフェンスで得点を重ねていく。残り3分、愛知学泉大がフリースローを含む7連続得点に成功し、徐々に点差を広げる。21-16、愛知学泉大学がリードし、第1ピリオド終了。

第2ピリオド、愛知学泉大は前から激しいディフェンスを展開し、相手のミスを誘う。一方の白鴎大は、相手のディフェンスに一時惑わされるものの、しっかりとボールを運び、試合を展開。#13馬がインサイドで奮闘し、連続8得点を沈めると残り6分で、25-25と同点にする。その直後に愛知学泉大も6連続得点と負けじと攻撃。その後は一進一退の攻防が続き、33-27。愛知学泉大リードのまま、前半を折り返す。

第3ピリオド、愛知学泉大は#14内堀がショットを決めると、その後シュートが落ち始め、苦しい状況へ。その隙に白鴎大は、#13馬がインサイドで得点を取り続け、じわじわと詰め寄り、1ゴール差へ。愛知学泉大は、たまらずタイムアウトを要求するも、立て直せない。逆に白鴎大#4鶴見がパスにうまく合わせてシュートを沈め、35-33と逆転に成功する。その後も白鴎大ペースは変わらず、51-45。白鴎大が逆転し、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、互いの意地がぶつかり合い、激しい試合が展開される。ゲーム序盤は、白鴎大ペースでスタートしたが、愛知学泉大が4連続ゴールで意地を見せる。怒涛の追い上げで、残り3分40秒には59-60と、1点差とする。その後も一進一退の攻防が続くが、残り1分、愛知学泉大#12高木がシュートを沈め、63-62と逆転。しかし直後の白鴎大のオフェンスで#13馬がファウルを獲得し、フリースローを2本沈め、再びひっくり返す。落ち着いて1本を取り返した愛知学泉大だったが、痛恨のミスで得点にはならず。あとがない愛知学泉大はファウルゲームで逆転を狙うが、白鴎大#4鶴見はフリースローをしっかりと2本決め、タイムアップ。67-63、愛知学泉大が最後まで粘るも、白鴎大が激戦を制した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら