JBA

JBA



試合日程・結果

男子準決勝トヨタ自動車アルバルク東京 vs 広島ドラゴンフライズ

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第一体育館Y1 コミッショナー 丹後 正昭
試合区分 男子準決勝 主審 小澤 勤
開催期日 2015年01月10日 副審 片寄 達、平原 勇次
開始時間/終了時間 15:02 / 16:40

ゲームレポート

トヨタ自動車アルバルク東京
78 23 1st 22 80 広島ドラゴンフライズ
15 2nd 15
20 3rd 21
20 4th 22

NBL7位のトヨタ自動車アルバルク東京vsNBL4位の広島ドラゴンフライズの決勝進出を賭けた一戦。広島は速い展開からリズムを掴み、イージーシュートなどで攻撃する。一方のトヨタ東京は内外を巧みに使い分けて、1点リードで前半を折り返す。最後まで均衡した展開が続くが、終盤、広島は#25平尾の3Pシュートで優位に立つ。最後までトヨタ東京は粘り強く攻撃し、1点差まで肉薄するも、あと一歩及ばず、タイムアップ。80-78で広島が初の決勝進出を決めた。

第1ピリオド、広島はドライブで切り込み、合わせのプレイやイージーシュートで加点する。対するトヨタ東京はメンバーを代わる代わる起用し、多彩なオフェンスを展開する。一進一退の攻防が続き、23-22とトヨタ東京リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、立ち上がり、広島#10竹内が内外で奮闘すると、#15ギブソンもインサイドでやり返し、お互いに譲らない。広島が速攻やセカンドプレイから得点するのに対し、トヨタ東京は速いパス回しから得点に結びつけ、流れはどちらにも傾かない。38-37、点差は変わらずトヨタ東京リードで後半へ。

第3ピリオド、トヨタ東京は#15ギブソンがブロックショット、オフェンスリバウンドショットと攻守に渡って活躍する。対する広島は#24田中、#25平尾らの個人技を中心に得点し、前半同様にシーソーゲームが続く。58-58と試合を振り出しに戻し、勝負の行方は最終ピリオドへ。

第4ピリオド、膠着状態が続くも、広島が激しい守りからペースを掴み、残り2分9秒には#25平尾の値千金の3Pシュートで77-69とする。このままでは終われないトヨタ東京は、#35伊藤が3Pシュート、#3ギブスがリバウンドショットを押し込み、3点差に。その後も1、2ゴール差を争う展開が続くが、残り10.3秒、トヨタ東京#3ギブスが2本のフリースローを沈め、78-79と迫る。その後も、最後までファウルゲームを仕掛けて粘るトヨタ東京だったが、2点差を追いかけ、望みをつないだ#35伊藤のシュートはリングに届かず、試合終了。80-78、広島が接戦を制し、決勝に駒を進めた。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら