JBA

JBA



試合日程・結果

男子準々決勝リンク栃木ブレックス vs 日立サンロッカーズ東京

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第一体育館Y1 コミッショナー 星河 良一
試合区分 男子準々決勝 主審 相原 伸康
開催期日 2015年01月04日 副審 藤垣 庸二、久米 克弥
開始時間/終了時間 14:06 / 15:41

ゲームレポート

リンク栃木ブレックス
61 17 1st 16 82 日立サンロッカーズ東京
14 2nd 18
18 3rd 19
12 4th 29

NBL2位の日立サンロッカーズ東京とNBL6位のリンク栃木ブレックスの準々決勝。序盤、リンク栃木が#25古川の得点などでリードを奪うが、日立東京も#24広瀬の3Pシュートなどで点差を縮めるとそこから一進一退となる。互いに主導権を握らせず、拮抗した
展開が続いたが、第4ピリオド、日立東京が#15竹内のバスケットカウント、#24広瀬のドライブなどでリズムを掴むと、リンク栃木を一気に突き放し、最終的には82-61と点差を広げて勝利。日立東京が3年ぶりに準決勝へ進出した。

第1ピリオド、序盤、リンク栃木が#25古川のシュートなどでリードを奪う。対する日立東京はゴール下のシュートを外すなど、なかなかリズムに乗れなかったが、#24広瀬の3Pシュートを皮切りにペースアップ。#3石川のスティールを#50ブラウンがダンクにつなげるなど、16-17と追い上げ、リンク栃木の1点リードで第2ピリオドへ。

第2ピリオド、リンク栃木は#7バローンのダンク、日立東京は#15竹内の得点などで加点し、シーソーゲームとなる。そこから、日立東京は#15竹内がオフェンスリバウンドを押し込みリードを奪う。対するリンク栃木はゾーンディフェンスで打開を図ると、#27熊谷の速攻などで差を縮め、34-31と日立東京が3点リードで前半を終了した。

第3ピリオド、日立東京、リンク栃木ともに譲らず一進一退の攻防が続く。リンク栃木が#13渡邉のバスケットカウントで得点すれば、日立東京も#10チェンバースがゴールをねじ込み譲らない。それでも日立東京は終盤#50ブラウンのゴール下などでリードを奪い、53-49。勝負は最終ピリオドへ。

第4ピリオド、開始2分でリンク栃木は#13渡邉の3Pシュートで1点差まで詰めよるが、そこから日立東京は#15竹内のバスケットボールカウント、#24広瀬のドライブ、#1木下の速攻などで、残り5分で65-54と11点差に。リンク栃木は#25古川が3Pシュートを返すがあとが続かず。逆に日立東京は#15竹内の3連続得点などで完全に主導権を握り、82-61とリンク栃木を突き放して試合終了。日立東京が準決勝に進出した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら