JBA

JBA



試合日程・結果

男子3回戦熊本ヴォルターズ vs 広島ドラゴンフライズ

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 男子3回戦 主審 石黒 勉
開催期日 2015年01月03日 副審 佐藤 誠、北沢 岳夫
開始時間/終了時間 18:01 / 19:45

ゲームレポート

熊本ヴォルターズ
68 22 1st 26 80 広島ドラゴンフライズ
11 2nd 19
16 3rd 16
19 4th 19

NBL13位の熊本ヴォルターズとNBL4位の広島ドラゴンフライズの3回戦。第1ピリオドは一進一退となるが、第2ピリオドになると一転、広島はテンポよく得点し二桁のリードを奪い試合を優位に進める。点差変わらず迎えた第4ピリオド、後がない熊本は、インサイドを攻め立てて追い上げる。続いて残り2分には、3Pシュートで8点差まで詰め寄る。しかしその後は、広島が落ち着いた試合運びを見せ、点差を元に戻して試合終了。80-68と広島がベスト8進出を決めた。

第1ピリオド、先手を取ったのは広島、#25平尾のペネトレイトと3Pシュートで連取し僅かに抜け出す。対する熊本はインサイドを攻め立て、ファウルから得たフリースローで地道に加点していく。終盤、広島は#10竹内のバスケットカウント、フリースローで得点すると僅かにリードし、26-22と広島リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、開始早々、熊本は#22グリーンのジャンパーで先制するも、後が続かず6分間無得点と大ブレーキ。一方の広島は内外問わぬ多彩な攻撃で得点すると、一気に二桁のリードを奪う。その後は両チーム得点が入らない時間帯となるが、終了間際、広島は#10竹内がジャンパーを沈め45-33、12点のリードを奪い前半終了。

第3ピリオド、両チーム得点が入らないまま時間だけが経過する。終盤、広島はインサイドへの合わせのプレイで加点するのに対し、熊本はフリースローで得点し、両者譲らず。61-49と広島12点リードは変わらず第4ピリオドへ。

第4ピリオド、序盤は両チーム得点が停滞するも、中盤、熊本はバスケットカウントやジャンパーで加点する。さらに残り2:10には、熊本#13松崎が3Pシュートを沈めると、8点差まで追い上げる。しかし反撃はここまで。その後広島は、速攻やフリースローで加点し、点差を元に戻してタイムアップ。80-68で広島が勝利した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら