JBA

JBA



試合日程・結果

男子3回戦筑波大学 vs 東京エクセレンス

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第一体育館Y1 コミッショナー
試合区分 男子3回戦 主審 清水 幹治
開催期日 2015年01月03日 副審 片寄 達、加藤 昌樹
開始時間/終了時間 18:01 / 19:28

ゲームレポート

筑波大学
78 17 1st 27 93 東京エクセレンス
22 2nd 22
21 3rd 18
18 4th 26

大学1位筑波大学対NBDL1位東京エクセレンスの一戦。序盤、東京EXは速いパスワークからテンポ良く得点を重ねるのに対し、筑波大は東京EXの守りの前にタフショットを強いられ苦しい展開。39-49と東京EXが2桁リードを保ち、前半を折り返す。第3ピリオドこそ筑波大が持ち直し、7点差まで詰め寄るも、要所で東京EXの得点を許してしまい、追い上げには至らず。第4ピリオド、東京EXは着実な外角シュートで試合を優位に進め、試合終了。78-93と東京EXがベスト8へと駒を進めた。

第1ピリオド、筑波大はアウトサイドシュートが尽くリングに嫌われ、リズムを掴むことができない。一方の東京EXは#8西山が速い展開に持ち込み、内外から得点を量産、開始5分で4-14と2桁リードを奪う。残り3分、筑波大は#6馬場、#17杉浦の活躍で追撃するも、東京EX#23齋藤にブロックショット、3Pシュートを許してしまい、流れは変わらず。東京EXが序盤に奪った点差を保ち、17-27で第1ピリオド終了。

第2ピリオド、序盤、スコアが伸び悩む筑波大を尻目に、東京EXは#7マーカリがインサイドで気を吐き、18点差をつける。しかし中盤、筑波大は#21笹山、#14坂東の3Pシュートが当たりだし、反撃に出る。一方の東京EXも#23齋藤の3Pシュートで主導権を渡さず、拮抗した展開が続く。終了間際、筑波大#17杉浦の3Pシュートがネットを揺らし、39-49。筑波大が10点のビハインドを背負って後半へ。

第3ピリオド、東京EXは#32狩野、#8西山が確率よく外角シュートを沈め、ペースを崩さない。対する筑波大は単発ながらも#6馬場、#14坂東の活躍でくらいつく。終盤まで均衡した展開が続くが、残り35.6秒、筑波大は#21笹山の好守から得点に繋げ、9点差。更に終了間際、#6馬場がゴール下シュートを決め、60-67と筑波大が盛り返し、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、点差を縮めたい筑波大だが、東京EXの猛攻を止めることができず、逆に離されてしまう。東京EXはガード陣が小気味良く得点を量産し、じわじわとリードを広げる。筑波大は3Pシュートで詰め寄るも、開いた点差は大きく、成す術なし。78-93で東京EXが勝利した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら