JBA

JBA



試合日程・結果

男子3回戦豊田通商ファイティングイーグルス名古屋 vs 日立サンロッカーズ東京

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 男子3回戦 主審 山内 俊幸
開催期日 2015年01月03日 副審 高城 邦弘、有澤 重行
開始時間/終了時間 14:01 / 15:42

ゲームレポート

豊田通商ファイティングイーグルス名古屋
86 29 1st 27 104 日立サンロッカーズ東京
27 2nd 19
16 3rd 29
14 4th 29

NBDL2位の豊田通商ファイティングイーグルス名古屋とNBL2位の日立サンロッカーズ東京の一戦。前半、豊通名古屋は合わせのプレイや外角シュートが良く決まり、10点のリードで後半へと突入する。しかし後半、日立東京は堅実な守備から速攻を演出し、流れを掴むと連続得点で一気に逆転に成功する。あとがない豊通名古屋は3P攻勢に出るもシュートが決まらず、万事休す。104-86と日立サンロッカーズ東京が勝利しベスト8進出を決めた。

第1ピリオド、序盤、豊通名古屋のゾーンディフェンスに対し、日立東京は3Pシュートを確実に決めリードを奪う。一方の豊通名古屋は#6大塚を起点として内外への合わせのプレイで喰らいつく。終盤、日立東京のターンオーバーがかさむと、豊通名古屋はその好機を逃さず確実に沈める。終了間際、豊通名古屋は#6大塚から#3金子が3Pシュートを放つとブザーと同時にリングに吸い込まれ逆転。29-27と豊通名古屋がリードし第1ピリオド終了。

第2ピリオド、序盤、豊通名古屋は外角シュートが決まりリードを広げるが、中盤になるとシュートミスが続き失速。一方の日立東京は#15竹内が奮起し、インサイドでファウルをもらい、フリースローでじわじわと追い上げる。残り4分、日立東京は#12ジョンソンの速攻で一時逆転するも、その後豊通名古屋が3連続3Pシュートを沈め再逆転、56-46と豊通名古屋が10点リードで前半を折り返す。

第3ピリオド、前半とはうって変わって、日立東京の猛攻が始まる。開始早々#42ハイトベルトのインサイドで4連取すると一気に追い上げ、残り5分では61-60と逆転に成功する。一方の豊通名古屋はインサイドが奮闘するもなかなか得点には結びつかない。終盤、相手のターンオーバーから2本のダンクを決めた日立東京が再逆転し75-72、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、開始5分、日立東京は#15竹内のインサイドや#24広瀬のスティールで83-76とリードを広げる。中盤、豊通名古屋は#24ヲルフィンガーのインサイドで追い上げるも後が続かず、逆に日立東京は速攻で加点し一気に突き放す。終盤、豊通名古屋は#11神津が粘りを見せるも追い上げるには至らず。104-86で日立東京が勝利した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら