JBA

JBA



試合日程・結果

男子3回戦リンク栃木ブレックス vs 兵庫ストークス

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第一体育館Y1 コミッショナー
試合区分 男子3回戦 主審 倉口 勉
開催期日 2015年01月03日 副審 前田 喜庸、大倉 守正
開始時間/終了時間 14:01 / 15:40

ゲームレポート

リンク栃木ブレックス
82 11 1st 23 64 兵庫ストークス
18 2nd 17
30 3rd 12
23 4th 12

NBL6位のリンク栃木ブレックス対NBL9位の兵庫ストークスの一戦。開始直後から一歩抜け出した兵庫がリードを保ち、11点のリードで前半を折り返す。しかし後半に入ると流れは徐々にリンク栃木へと傾く。リンク栃木は#8山田のインサイドでの活躍で第3ピリオド序盤に逆転すると、その後は#27熊谷の速攻などでリードを保つ。追いすがる兵庫は、シュートの決定率がなかなか上がらずスコアを伸ばせない。終盤、リンク栃木はイージーショットを決めていき勝利を確実にする。82-64と、リンク栃木が見事な逆転劇を演じ、ベスト8を決めた。

第1ピリオド、リンク栃木はなかなかシュートが決まらず重い立ち上がりとなる。対する兵庫は、#4細谷の3Pシュートや#32バッツのダンクシュートなどでスタートダッシュを切る。その後も得点を伸ばせないリンク栃木に対して、兵庫は#32バッツのインサイド、#15根来のアウトサイドでバランスよく加点。23-11と兵庫リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、両チーム一歩も譲らぬ点の取り合いとなり、点差は大きく動かないまま試合は進む。兵庫が終始二桁のリードを保ち、40-29で第2ピリオド終了。

第3ピリオド、序盤、リンク栃木は#25古川の3Pシュートを皮切りに、#8山田の活躍で連取し同点とすると、残り6:36に#13渡邉の得点で逆転。中盤、兵庫は#32バッツの得点でスコアを伸ばし始め、そこからは両チーム一歩も譲らぬ展開。しかし終盤、リンク栃木は速い展開から#27熊谷などが連取しリードを広げる。59-52とリンク栃木リードで第3ピリオド終了。

第4ピリオド、リンク栃木は#27熊谷の3Pシュートなどでリードを二桁とするが、負けじと兵庫も#9谷が3Pシュートを沈め、試合は再び拮抗する。終盤、リンク栃木はテンポの良いパス回しから#9遠藤が外から決め、更には速攻で着実に得点を重ねる。対する兵庫は、シュートの確率が悪くスコアを伸ばせずタイムアップ。82-64とリンク栃木が勝利し、準々決勝へと駒を進めた。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら