JBA

JBA



試合日程・結果

男子1回戦曙ブレーキ工業 vs 近畿大学

試合データ

開催場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館KA コミッショナー
試合区分 男子1回戦 主審 石田 祐二
開催期日 2015年01月01日 副審 鈴木 寿之
開始時間/終了時間 17:00 / 18:28

ゲームレポート

曙ブレーキ工業
69 21 1st 16 68 近畿大学
11 2nd 22
19 3rd 17
18 4th 13

関東ブロック代表の曙ブレーキ工業と大学7位の近畿大学の一戦。最後まで勝利の行方が分からぬまま一進一退の攻防が続く。勝負を決めたのは、第4ピリオド残り3.5秒。曙ブレーキ工業#15田中が落ち着いてミドルシュートを決めると、それが決勝点となり、69-68で逆転勝利を収めた。

第1ピリオド、出だし、#22ソウの豪快なダンクシュートでスタート。その後もアウトサイド、リバウンドショットと続いて先行。一方の曙ブレーキ工業はなかなか得点に結びつけることが出来ない。開始3分過ぎにようやく#17田村のリバウンドショットで6-8と逆転。両者ともにパスミスなどのミスが多くリズムに乗りきれぬまま21-16、曙ブレーキ工業が5点のリードで終了。

第2ピリオド、曙ブレーキ工業は、#15田中の3Pシュート 以降無得点の時間が続く。近畿大は24秒を一杯に使いリズムよくパス回しを展開。#24戸梶からのパスを#16橋本が走って決め24-18。さらに#22ソウのインサイドを中心に得点を重ねていく。リズムに乗る近畿大は、残り5分を切って#6保花のカットインで26-26の同点とする。曙ブレーキ工業は、タイムアウトを取って立て直しを図ろうとするが好転せず失速。32-38と近畿大がリードして前半を終了。

第3ピリオド、波に乗った近畿大は、#22ソウ、#16橋本、#25大木立て続けにゴールし、開始2分34-44と10点のリードを奪う。曙ブレーキ工業は#17田村が決めるものの単発となり、なかなか得点に結びつけることが出来ない。我慢の展開となった曙ブレーキ工業は、残り3分半、#34金城の得点を皮切りに#15田中の3Pシュートが決まり、逆襲のスイッチが入る。残り34秒、再び#15田中の3Pシュートが決まり、51-55の4点差まで詰め寄る。

第4ピリオド、口火を切ったのは曙ブレーキ工業#87河本の3Pシュート3本。残り6分過ぎ、60-62とついに逆転する。近畿大は勢いに乗る曙ブレーキ工業ディフェンスに対し、単調な攻めとなり苦戦を強いられる。残り4分、近畿大は2-1-2のゾーンディフェンスに変えたことが功を奏し、曙ブレーキ工業の得点が止まる。試合は、1点を争う攻防となり、残り14秒。近畿大は67-68と1点リードの場面でフリースローを得るがこれを2本とも外してしまう。曙ブレーキ工業は、残り3.5秒で#15田中が苦しい体制から値千金のミドルシュートを決め、69-68と逆転に成功。そのまま逃げ切り、曙ブレーキ工業が2回戦進出を決めた。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら