JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦つくばロボッツ vs 拓殖大学

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 伊藤 恒
開催期日 2015年01月02日 副審 甲斐 清
開始時間/終了時間 12:01 / 13:19

ゲームレポート

つくばロボッツ
55 6 1st 23 65 拓殖大学
13 2nd 19
10 3rd 9
26 4th 14

NBL12位のつくばロボッツ対大学4位の拓殖大学の一戦。拓殖大は#23バンバ、#29岩田のアウトサイドシュートなどを中心にアウトサイドから確実に得点を重ねリードを奪う。つくばはミスが多く流れを掴めず、拓殖大が大きくリードして試合が進む。第4ピリオドに入りつくばはオールコートで仕掛けると#55梅津の3Pシュートなどで一気に点差を詰める。しかし、拓殖大は序盤のリードを守りきり55-65で勝利。3回戦に駒を進めた。

第1ピリオド、先手を取ったのは拓殖大学#23バンバの2本の3Pシュートで先制すると#29岩田もミドルシュートを決め、開始2分2-8とリードを奪う。つくばは拓殖大の厳しいディフェンスに対しミスを連発し、流れを掴めない。拓殖大は#23バンバ、#29岩田が高確率でアウトサイドシュートを決めていき、試合は拓殖大のペースとなる。つくばは終始ペースを掴めず点差が広がり、6-23で第1ピリオド。

第2ピリオド、つくばは#0井上、#23レイノルズが連続で得点。さらにディフェンスをゾーンに変えると開始2分半で15-28と点差を詰める。しかし、ここから拓殖大は#23バンバ、#39成田らが連続10得点。つくばのシュートはことごとく外れ、残り2分、15-38と点差が開いてしまう。終盤、つくばは#0井上が連続で得点を挙げるが、流れは変わらず19-42と拓殖大リードで前半終了。

第3ピリオド、拓殖大、つくばともにシュートが決まらず得点が伸びない。拓殖大は#0岡本の個人技で点をつなぎ、つくばも#23レイノルズのインサイドで得点を重ねるが、点差を詰められない。互いに得点できず、重たい時間が続くが、拓殖大がリードを保ち29-51で第3ピリオド終了。

第4ピリオド、ここまで流れを掴めなかったつくばは#31木村が速い展開からパスを供給。すると#55梅津の3Pシュート、#23レイノルズのインサイドなどで一気に点差を詰めていく。拓殖大はオールコートで仕掛けてくるつくばディフェンスに対し、ミスを連発し、流れは一気につくばに傾く。つくばあ#55梅津がこのピリオドだけで4本の3Pシュートを決め、残り1分半、#31木村のミドルシュートで53-61の8点差にまで迫る。しかし、ここで拓殖大は#0岡本が速攻を決め勝負あり。拓殖大が55-65でつくばを下し、3回戦進出を決めた。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら