JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦東海大学九州 vs 大阪人間科学大学

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OB コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 小倉 佑季子
開催期日 2015年01月01日 副審 川満 有紀
開始時間/終了時間 17:01 / 18:19

ゲームレポート

東海大学九州
48 16 1st 20 84 大阪人間科学大学
11 2nd 25
4 3rd 21
17 4th 18

九州地区の東海大学九州と大学5位の大阪人科大学の1回戦。立ち上がり、東海大九州が好スタート切るが、追い上げられ、大人科がリードする。第2ピリオドには、大人科が大量得点を挙げる。後半に入っても大人科の一方的な展開となり、第4ピリオドで東海大九州は粘るも差を縮めることはできず。84-48、大阪人科が快勝し、2回戦へと駒を進めた。

第1ピリオド、東海大九州は#15松本の3Pシュートで先制すると、続けて#10井上がジャンプシュートを決め、一歩リードする。対する大人科は#9北村が3Pシュートを2本決めるも、あとに続かずリードを許す。中盤、東海大九州は、#78徳永、#10井上がバスケットカウントを沈め、序盤の勢いを保とうとするが、大人科は#7吉川のフリースローで並び、#4藤木の3Pシュートで逆転する。20-16と、大人科のリードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、大人科が3Pシュート3本を含む大量得点を挙げ、一気に相手を突き放す。対する東海大九州は、#15松本、#81荒牧が果敢に攻めるも、差は広がる一方で苦しい展開となる。大人科は#10大城が3Pシュートを決めると、最後は#11中川がスティールからレイアップシュートを沈め、45-24と大人科が大幅なリードを奪い後半へ。

第3ピリオド、東海大九州は#10井上が先制するも、その後、残り2分52秒での#15松本の得点まで無得点とこのピリオド4得点に留まる。対する大人科は、#4藤木を起点に得点を重ねる。スティールからブレイクなど堅い守りで相手の加点を許さず加点し、67-31。大人科がさらにリードを広げ、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、大人科は、控えの選手を投入する。一方の東海大九州は、#15松本がジャンプシュートに3Pシュートと強気に攻め込む。中盤、大人科は#18大濱(留)がゴール下で陣取り得点を挙げる。対する東海大九州は、#7天羽、#15松本が得点を挙げるも差を縮められず。84-48と、大阪人科が危なげなく快勝し、2回戦へと駒を進めた。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら