JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦秋田銀行 vs 松蔭大学

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OA コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 岩田 千奈美
開催期日 2015年01月01日 副審 武藤 陽子
開始時間/終了時間 15:21 / 16:44

ゲームレポート

秋田銀行
62 23 1st 2 38 松蔭大学
14 2nd 15
16 3rd 5
9 4th 16

東北代表の秋田銀行と関東代表の松蔭大学の一戦。前半、松蔭大が得点に苦しみ、秋田銀行の一方的な試合展開となる。秋田銀行は#13伊藤、#11加藤を軸にコンスタントに得点を重ねる。第2ピリオド、松蔭大は#14松永、#4錦織がなんとかスコアを動かすも、相手の得点源を抑えることができず。後半も秋田銀行が優勢のまま試合が進行する。終盤、松蔭大が粘りを見せるも、序盤に離れた点差は大きく、62-38。秋田銀行が危なげなく、勝利を収めた。

第1ピリオド、秋田銀行は#13伊藤のドライブで先制する。その後も相手の緩んだ守りの隙を突き、着実に得点を重ね、大量リードを得る。一方の松蔭大は、出だし#5内野を中心に果敢にリングへ攻め込むも、ターンオーバーが目立ち、重たい立ち上がりとなる。その後もタフショットが続き、残り1分まで無得点と苦戦する。23-2と、秋田銀行の大幅なリードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、秋田銀行は終始リバウンドに飛びつき、得点へと繋げる。また、#11加藤が精度の高いジャンプシュートを決め、スコアを伸ばす。対する松蔭大は、#14松永の連続得点、#4錦織のゴール下での貢献により、なんとかスコアを動かす。しかし、相手の得点を抑えきれず劣勢は変わらない。37-17と、秋田銀行が大幅なリードを保ったまま前半終了。

第3ピリオド、松蔭大は相手の中を締める堅固な守りにより、外打ちのシュートを強いられ、またも得点が止まってしまう。一方の秋田銀行は、#13伊藤がフィジカルの強さを生かし3連続得点を挙げ、相手に追い討ちをかける。松蔭大は残り2分の得点のみと、苦境を打開することはできず、53-22。秋田銀行が30点以上の差をつけ、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、出だし松蔭大は#14松永、#9小林の得点でスコアを動かすと、その後必死にリバウンドに食らいつき、粘りを見せる。一方の秋田銀行は、#11加藤、#13伊藤が要所で得点を挙げ、粘る相手を寄せつけない。その後も安定した試合運びをし、62-38。秋田銀行が圧勝し、初戦突破を果たした。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら