JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦鶴屋百貨店 vs 愛知学泉大学

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OA コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 冨島 健司
開催期日 2015年01月01日 副審 大庭 英裕
開始時間/終了時間 13:42 / 15:13

ゲームレポート

鶴屋百貨店
56 23 1st 17 68 愛知学泉大学
11 2nd 27
11 3rd 9
11 4th 15

社会人2位の鶴屋百貨店と東海ブロック代表の愛知学泉大学の一戦。#12米村の先制シュートが決まり、鶴屋が主導権を握るも、愛知学泉大は執拗なディフェンスから相手のターンオーバーを誘う。すると、連続スティールからファストブレイクで得点を重ね、第2ピリオド開始3分、ついに逆転に成功。後半に入っても勢いを止めることなく、#4角畑の活躍もあり、愛知学泉大がリードを広げていく。追い上げたい鶴屋は最終ピリオドで一時3点差まで詰め寄るも、そこまで。68-56、愛知学泉大が逃げ切り、2回戦へと駒を進めた。

第1ピリオド、先手を取ったのは鶴屋。#12米村のターンシュートで先制すると、#4伊藤、#10瀬井の1on1で相手のファウルを誘い、高確率なミドルシュートとフリースローで加点していく。一方の愛知学泉大はミスが続き、開始4分半、4-12となったところでタイムアウト。その後、#4角畑のファストブレイク得点などで盛り返す愛知学泉大だが、鶴屋も着実に点を入れ返す。23-17、鶴屋が6点リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、執拗なディフェンスを見せる愛知学泉大は、#4角畑の連続スティールの活躍もあり、ファストブレイクから次々とシュートを沈めていく。すると開始3分、ここまで追いかける展開だった愛知学泉大が、27-28と逆転に成功。その後も勢いの止まらない愛知学泉大は、ディフェンスから流れを呼び込み、最大11点差に。終盤、鶴屋の反撃にあうも、最後、3Pシュートをブザービートで沈めた愛知学泉大が、44-34と10点差をつけ前半終了。

第3ピリオド、開始早々、愛知学泉大#4角畑のシュートが決まり、点差は12に。するとその後は得点の入れあいが続くも、愛知学泉大が優位に試合を進めていく。残り4分、鶴屋#11上野の3Pシュートが決まり、一時6点差となる。しかし、愛知学泉大も得点を返し、応戦する。53-45、愛知学泉大リードのまま、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、追い上げたい鶴屋はオールコートプレスを仕掛け、反撃に出る。すると1on1から得点を挙げた鶴屋は、点差を3点にまで詰める。しかし愛知学泉大は#4角畑を起点に、リードを保ち続け、タイムアップ。68-56、愛知学泉大が初戦を突破した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら