JBA

JBA



試合日程・結果

男子1回戦中京大学 vs 千葉ジェッツ

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 男子1回戦 主審 加藤 誉樹
開催期日 2015年01月01日 副審 細田 知宏
開始時間/終了時間 12:01 / 13:36

ゲームレポート

中京大学
68 16 1st 27 97 千葉ジェッツ
15 2nd 18
18 3rd 24
19 4th 28

NBL8位の千葉ジェッツと東海地区代表の中京大学との一戦。序盤から千葉が二桁のリードを奪えば、中京大が追い上げるといった展開となる。第3ピリオド中京大は、外角シュートで一時9点差まで詰め寄るも、後が続かずかわされる。千葉が終始落ち着いた試合運びでリードを保ち続け、97-68で勝利し、2回戦へと駒を進めた。

第1ピリオド、千葉は#24バレルにボールを集め、高さの利を活かして得点する。一方の中京大は激しいディフェンスから相手のターンオーバーを誘発し、残り4分までは食らいつく。しかし終盤、千葉は徹底したインサイド攻勢でリードを広げ、27-16と千葉が11点リードして第1ピリオド終了。

第2ピリオド、千葉は序盤から多彩な攻撃で加点し、開始3分でリード5点広げるなど試合を優位に進める。対する中京大は残り5分、ペネトレイトから僅かに点差を詰めるものの、その後は千葉に外角シュートを決められビハインドを縮められず。しかし終了間際、中京大は#9出口の3Pシュート、#56戸次のセカンドショットで追い上げ、31-45。最後追い上げるも、中京大が14点のビハインドを背負い後半へ。

第3ピリオド、再び千葉が先手を取り外角シュートでリードを広げると、点差を17とする。しかし中盤、中京大は3本の3Pシュートなどで追撃すると、残り5分40秒には46-55と一桁差まで詰め寄る。終盤、千葉は#24バレル、#0佐藤が果敢に攻撃を仕掛け得点すると、終了間際、バックコートから放った#7宮永のシュートがブザーと同時にリングに吸い込まれ、69-49とこの試合初の20点リードを奪い、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、ここまで追い上げを図ってきた中京大であったが、このピリオドではリバウンドが奪えず、またシュートが入らず、得点が伸び悩む。対する千葉は、内外問わぬ攻撃で相手に的を絞らせずに得点することで、相手の追随を許さず。その後もリードを保った千葉が、97-68で勝利した。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら