JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦紀陽銀行 vs 大阪体育大学

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OA コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 安富 朗
開催期日 2015年01月01日 副審 堀内 純
開始時間/終了時間 12:00 / 13:31

ゲームレポート

紀陽銀行
62 18 1st 17 70 大阪体育大学
16 2nd 13
13 3rd 16
12 4th 13
3 OT1 11

社会人3位の紀陽銀行と大学4位の大阪体育大学の1回戦。立ち上がり、出遅れた紀陽銀行だったが主導権を奪う。第2ピリオドに入り、序盤は大体大、終盤は紀陽銀行とそれぞれの流れを得る。第3ピリオド、先ピリオドとは打って変わり、シーソーゲームとなる。第4ピリオド、前半に紀陽銀行#12が3Pシュートを2本決めるなどリードを広げるが、大体大も3Pシュートで返し、延長戦へと持ち込む。延長、大体大#16鐘ヶ江が11得点中8得点を決める活躍を見せ、70-62。大体大が大接戦を制し、2回戦へと駒を進めた。

第1ピリオド、序盤、大体大は#5落合を軸に、堅い守りから速い攻めで得点を稼ぐ。対する紀陽銀行は、開始5分で#14藤口の3Pシュート1本と苦しい展開へ。しかし中盤、#4唐津の3Pシュートを機にエンジンがかかると、追い上げを見せ、#7築舘のシュートで逆転に成功する。18-17、紀陽銀行が僅かにリードし、第1ピリオド終了。

第2ピリオド、開始早々、紀陽銀行は#11後藤が3Pシュートを決め好スタートを切ったかに見えたが、大体大が9連続得点を決め、一気に逆転に成功。しかしその後、紀陽銀行も9連続得点で仕返し、再びリードを奪い返す。終了間際には#8前川がリバウンドシュートを決め、34-30。紀陽銀行がリードを保ち、後半へ。

第3ピリオド、大体大が#5落合のジャンプシュートで先制。続けて#15藤がドライブで決めるなど勢いを見せる。対する紀陽銀行は、#14藤口が応戦し、両者一歩も譲らない展開となる。大体大は#6出水田がインサイドで得点を稼ぎ、点差を詰めていく。47-46と接戦を演じ、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、紀陽銀行は#12広倉が3Pシュートを2本決めるなど、流れをつくる。しかし中盤、#5落合、#16鐘ヶ江が3Pシュートを決めて流れに乗り、再び主導権を奪う。しかし、紀陽銀行も#14藤口がすかさずドライブで得点し、同点にする。59-59、両者一歩も引かぬ戦いを見せ、延長戦へと持ち込まれる。

延長、開始早々、大体大#16鐘ヶ江が3Pシュートにドライブと連続得点を決めると、対する紀陽銀行も#14藤口が3Pシュートを決め返す。しかしその後も、大体大の勢いは止まらず、#16鐘ヶ江が要所で3Pシュートを沈め、勝負あり。最終的に70-62、大体大が大接戦を制し、2回戦へと駒を進めた。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら