JBA

JBA



試合日程・結果

男子1回戦アースフレンズ東京Z vs JR東日本秋田

試合データ

開催場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館KA コミッショナー
試合区分 男子1回戦 主審 倉口 勉
開催期日 2015年01月01日 副審 佐藤 誠
開始時間/終了時間 12:00 / 13:27

ゲームレポート

アースフレンズ東京Z
78 23 1st 11 59 JR東日本秋田
20 2nd 9
16 3rd 16
19 4th 23

JR東日本秋田は出だしこそ#33佐藤の3Pシュート、アウトサイドで先行し、好調な滑り出しを見せるが、後続なく後退。一方のアースフレンズ東京Zは、出遅れはしたものの#25マットソンのゴール下、#3大野、#7佐藤のアウトサイドなどで連続加点。試合の主導権を握った東京Zは前半で43-20と大差をつける。食い下がるJR東日本秋田はディフェンスをマンツーマン、ゾーンと切り替え徐々にペースを握る。相手のミスを誘い、ディフェンスリバウンドから得点に結び付けて、わずかに点差を詰めるものの、前半の得点差が最後まで響き、78-59と初戦で涙を呑んだ。

第1ピリオド、JR東日本秋田は#33佐藤の3Pシュートが警戒に決まり、ムードはJR東日本秋田。出鼻をくじかれる形となった東京Zはインサイドからアウトサイドと巧みなパス回しから得点に繋げ、2分過ぎ6-6。攻め急ぐJR東日本秋田は、ミスが続いて3分間無得点。一方の東京Zは、#3大野の1対1からのドライブ、#7佐藤の3Pシュート、#25マットソンのインサイドなどで23-11とリードして第1ピリオドを終える。

第2ピリオド、リズムを掴んだ東京Zは残り6分過ぎまでに#4八幡のアウトサイド、#16山田の3Pシュートで32-16のダブルスコアとする。思うような展開ができないJR東日本秋田はシュートを決められず、得点が止まる。立て直しを図りたいJR東日本秋田は残り2分ゾーンディフェンスに変えてインサイドを固めると、東京Zのミスを誘発。43-20と東京Zリードで前半を折り返す。

第3ピリオド、ゾーンディフェンスから活路を見出そうとするJR東日本秋田は、相手のミスを速攻に繋げる。#12根岸のゴール下、#24高橋のアウトサイド2本目が決まると東京Zはすかさずタイムアウトを要求。頻繁にメンバーを入れ替えるがなかなかリズムを取り戻すことができないまま劣勢となるが、確実に得点を重ね、59-36とリードを保つ。

第4ピリオド、好調なままJR東日本秋田は、#11一戸のカッティング、#33佐藤の3Pシュート、そして#12根岸が相手のミスを走って得点に繋げ点差を詰める。さらにディフェンスでプレッシャーをかけ、#13佐藤哲、#12根岸のアウトサイドシュート、#33佐藤光がパスカットから自ら得点して続き、残り5分には68-51。必死に追いすがるJR東日本秋田だったが、東京Zは#23泉らが確実に得点。78-59で東京Zが勝利となった。

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら