JBA

JBA

ニュース

RSS 一覧へ

第90回天皇杯・第81回皇后杯(オールジャパン2015) 4日目 男女準々決勝終了 -準決勝は1月10日(土)開催-

2015年1月4日

準決勝進出を決めたトヨタ自動車 アンテロープスは2年ぶりの王座奪還を目指す

20得点、10リバウンドの活躍で貢献した日立サンロッカーズ東京#50アイラ・ブラウン選手

元日から始まった「東日本大震災復興支援 第90回天皇杯・第81回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会オールジャパン(2015)」は4日目を終え、ベスト4が決まりました。準決勝は1月10日(土)に開催。勝ち上がったチームは5日間で調整し、日本一を目指します。

男子の勝ち名乗りを挙げたのは、「トヨタ自動車アルバルク東京(NBL7位)」「日立サンロッカーズ東京(NBL2位)」「東芝ブレイブサンダース神奈川(NBL5位)」「広島ドラゴンフライズ(NBL4位)」の4チーム。
NBL7位のトヨタ自動車アルバルク東京と対戦するのは、4連戦を迎える同8位の千葉ジェッツ。順位では一つしか違いませんが、大学生に渡ってしまったシード権のため抽選へまわり、1回戦からの出場を余儀なくされ、4連戦目を迎えた千葉。疲れも見られましたが、それでも最後まで粘りを見せます。結果は74-72、2点差の惜しい敗戦となりましたが、素晴らしい試合で会場を沸かせてくれました。
第2試合の日立サンロッカーズ東京vsリンク栃木ブレックスも競った展開となります。しかし第4ピリオド、一気に点差を開いた日立東京が82-61と21点差をつけて勝利し、3年ぶりの準決勝進出を決めました。
ディフェンディングチャンピオンの東芝ブレイブサンダース神奈川は第1ピリオドで10得点を挙げた#14辻 直人選手の活躍もあり、序盤からリードを奪います。その後は互角の戦いを見せた三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋でしたが、出だしのビハインドを巻き返せず、81-60で東芝神奈川が勝利し、連覇へ向けて勝ち上がっています。
唯一のNBL以外のカテゴリーで勝ち抜いてきたNBDLの東京エクセレンス。序盤から広島ドラゴンフライズにリードされた東京EXは、前半で46-22と24点のビハインドを背負います。チャレンジャー精神で挑み続け、後半は息を吹き返した東京EX。残り2分36秒、#8西山 達哉選手の3Pシュートで70-60と10点差まで詰めましたが時間が足りず。77-64で敗れ、広島が初出場で4強入りを果たしました。敗れた東京EXですが、NBL/NBDLシード権を奪い返し、大会を盛り上げてくれました。

■男子準決勝/1月10日(土) 国立代々木競技場第1体育館
15:00~ トヨタ自動車アルバルク東京 vs 広島ドラゴンフライズ  ※NHK BS1にて生中継
17:00~ 東芝ブレイブサンダース神奈川 vs 日立サンロッカーズ東京  ※NHK BS1にて生中継

4強に進んだ女子チームは、「JX-ENEOSサンフラワーズ(WJBL1位)」「デンソーアイリス(WJBL2位)」「トヨタ自動車 アンテロープス(WJBL3位)」「富士通 レッドウェーブ(WJBL4位)」。
連覇を狙うJX-ENEOSサンフラワーズは、新潟アルビレックスBBラビッツを寄せつけず、89-41とダブルスコアで準々決勝を突破。デンソーアイリスvsトヨタ紡織サンシャインラビッツ戦は、前半を29-29と同点で終えます。その後も拮抗した試合が続きましたが、63-59で辛くもデンソーが上回って勝利。
第3試合は男子とともに、女子も三菱電機 コアラーズの出番となりましたが、同じように序盤からトヨタ自動車アンテロープスに点差を離され、追いかける展開。ベンチメンバーをふんだんに使ったトヨタ自動車が64-39で快勝し、王座奪還へ向け調子を上げています。
WJBL4位富士通レッドウェーブと同5位のシャンソン化粧品シャンソンVマジック戦は徐々に富士通がペースを握り、リードを広げていきます。#10町田 瑠唯選手が21得点、#0長岡 萌映子選手が18点と若い選手が活躍し、64-49と大差で勝利を収めました。

■女子準決勝/1月10日(土) 国立代々木競技場第1体育館
11:00~ JX-ENEOSサンフラワーズ vs 富士通 レッドウェーブ  ※NHK BS1にて生中継
13:00~ トヨタ自動車 アンテロープス vs デンソーアイリス  ※NHK BS1にて生中継

オールジャパンも残すところあと3日。日本一まであと2勝です。大詰めを迎えるオールジャパンのチケットはチケットバスケット等にて発売中です。また、準決勝の模様はNHK BS1にて生中継されますので、ぜひご覧ください。

■男子準々決勝 試合結果
トヨタ自動車アルバルク東京 ○ 74-72 ● 千葉ジェッツ
日立サンロッカーズ東京 ○ 82-61 ● リンク栃木ブレックス
東芝ブレイブサンダース神奈川 ○ 81-60 ● 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
広島ドラゴンフライズ ○ 77-64 ● 東京エクセレンス

■女子準々決勝 試合結果
JX-ENEOSサンフラワーズ ○ 89-41 ● 新潟アルビレックスBBラビッツ
デンソーアイリス ○ 63-59 ● トヨタ紡織サンシャインラビッツ
トヨタ自動車アンテロープス ○ 64-39 ● 三菱電機 コアラーズ

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら