JBA

JBA

ニュース

RSS 一覧へ

第90回天皇杯・第81回皇后杯(オールジャパン2015) 1日目 男女1回戦終了

2015年1月1日

延長戦となった紀陽銀行vs大阪体育大学。紀陽銀行#4唐津 亜耶選手は大阪体育大学出身

30点を挙げた明治大学#12中東 泰斗選手のファウルアウトが悔やまれる

新年恒例、「東日本大震災復興支援 第90回天皇杯・第81回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン2015)」が今年も元日より開幕しました。各カテゴリーや地区ブロックを勝ち上がってきたチームとNBL、WJBLのトップリーグが同じ舞台で対戦し、日本一を決定します。

女子1回戦・紀陽銀行vs大阪体育大学戦は、オープニングゲームから延長にもつれ込みます。初出場の紀陽銀行は健闘しましたが、70ー62で大阪体育大学が勝利し、初戦を突破しました。続く鶴屋百貨店vs愛知学泉大学も競った試合展開となります。大田区総合体育館Aコートは2試合連続延長戦になるかと思われましたが、最後は愛知学泉大学がふりきり、68-56で2回戦進出を決めました。全日本社会人バスケットボール選手権大会を勝ち抜いた2チームは惜しくも初戦敗退となりましたが、社会人1位の山形銀行は福井県立足羽高等学校を94-27で圧倒し、明日はWJBLの日立ハイテク クーガーズと対戦します。

男子は1回戦から早くもNBLチームが登場し、それぞれ大学生と初戦を迎えました。千葉ジェッツは中京大学に97-68、29点差をつけて快勝。熊本ヴォルターズを相手に前半は粘りを見せた大東文化大学。しかし後半はディフェンスから熊本が引き離し、100-58と圧勝して初戦突破。一方、和歌山トライアンズは冷や汗をかく試合となりました。第3ピリオド終盤には明治大学が10点リードを奪い、追いかける和歌山。残り4分51秒、それまで30点を挙げていた明治大学のエース#12中東 泰斗選手がファウルアウト。攻め手を欠いた明治大学につけ入る形で逆転した和歌山が80-76、4点差で辛くも面子を保ちました。和歌山トライアンズは明日、同郷の和歌山クラブと対戦します。

明日は男女2回戦各8試合が行われ、男子はつくばロボッツ、レバンガ北海道のNBL勢、女子も日立ハイテク クーガーズ、羽田ヴィッキーズ、アイシン・エィ・ダブリュ ウィングスのWJBL勢が登場。さらに大学1位の早稲田大学、高校3冠を獲得した桜花学園高等学校が初戦を迎えます。男子は国立代々木競技場第2体育館と駒沢体育館、女子は大田区総合体育館でそれぞれ12時より試合開始。チケットはチケットバスケット等にて発売しています。

■男子1回戦 試合結果
千葉ジェッツ ○ 97-68 ● 中京大学
アースフレンズ東京Z ○ 78-59 ● JR東日本秋田
拓殖大学 ○ 94-68 ● 福岡大学附属大濠高等学校
東海大学 ○ 121-43 ● EBETSU W・B
豊田通商ファイティングイーグルス名古屋 ○ 135-60 ● 流通科学大学
慶應義塾大学 ○ 53-51 ● 九州電力
和歌山トライアンズ ○ 80-76 ● 明治大学
和歌山クラブ ○ 74-62 ● TOTAL-CLUB
国士舘大学 ○ 95-52 ● UNITE
熊本ヴォルターズ ○ 100-58 ● 大東文化大学
曙ブレーキ工業 ○ 69-68 ● 近畿大学
東京エクセレンス ○ 90-64 ● 日本経済大学

■女子1回戦 試合結果
大阪体育大学 ○ 70(OT)62 ● 紀陽銀行
順天堂大学 ○ 81-55 ● アカシヤクラブ
愛知学泉大学 ○ 68-56 ● 鶴屋百貨店
筑波大学 ○ 69-56 ● 環太平洋大学
秋田銀行 ○ 62-38 ● 松蔭大学
山形銀行 ○ 94-27 ● 福井県立足羽高等学校
西南女学院大学 ○ 76-55 ● 今治オレンジブロッサム
大阪人間科学大学 ○ 84-48 ● 東海大学九州

試合日程・結果

1月1日(木・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ>

1月2日(金)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ>

1月3日(土)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ>

1月4日(日)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ>

1月10日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ>

1月11日(日)

女子決勝 詳細へ>

1月12日(月・祝)

男子決勝 詳細へ>

大会概要

一覧へ

天皇杯・皇后杯の出場チームの選出方法などはこちら

アクセス

一覧へ

代々木第1・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館の4会場へのアクセスはこちら

過去の大会

一覧へ

第1回大会は大正10年(1921年)開催。歴代優勝チームはこちら